HOME > 胎児精密超音波検査外来

胎児精密超音波検査外来

当院では、以前から妊婦健診時に毎回、超音波検査を行なってきました。
これは、主に胎児推定体重・羊水量・胎位・胎向・心拍・胎盤付着部位等を確認することを目的としています。一方で、一般的に産まれた赤ちゃんの約2%に、何らかの構築異常がみられるといわれております。 これを外来の限られた時間内で隅々まで細かく分析するのはなかなか難しいのが現状です。

そこで当院では、大阪大学医学付属病院・周産期グループの協力を得て、専門家の下で最新鋭の4Dエコーを使用し、じっくり時間をかけて、より専門性の高い胎児精密検査を行なうこととしました。
具体的には、胎児の発育不全・形態異常・先天性奇形・母児のリスクについて詳しく検索します。

これにより出産に際し、より万全の治療・サポート体制を整えることが可能と考え、また何よりご両親も心の準備をしておくことができます。

検査内容について

  • 検査対象:妊娠24~30週の期間(多少期間が前後することもあります)
    (※ただし、当院通院中の患者様に限らせていただきます)
  • 検査時間:午後1時~5時(完全予約制
  • 所有時間:1人約15~20分程度
  • 費用:9,000円(税込み)

☆データはUSBメモリーに記録し、検査終了後無料で御提供いたします。

▲ ページトップへ