出産された方からのおたより

2020(R2)年8月

2020年8月25日 14:29 3,215g 第1子 男の子 帝王切開

 中村先生、スタッフの皆様、この度は大変お世話に成りました。ありがとうございました。
こちらのクリニックには家が近いという理由で昔からお世話になっておりましたが、検診、出産、入院を経て、本当に信頼できる素晴らしいクリニックであったと感じました。
 昨年1度妊娠がわかり、通院した際、異所性妊娠であったことを中村先生に早期に発見していただけ、とても早く対応してくださって大事に至る前に手術を受けることができました。
 その際、症状をとても丁寧に説明していただけて、私を不安にさせない言葉を選びながら診察をしてくださったこと、大変感謝しております。
その時から中村先生は、胎児に対して心配な要素があれば隠さずきちんと話してくださる先生なのだと信頼を寄せておりました。
今回の妊娠での妊婦検診で、先生に「赤ちゃん順調やね」という言葉は昨年の経験より得た先生の信頼感から「本当に元気な赤ちゃんなんだ、中村先生が言うなら間違いない」と思えました。
 臨月に入る頃、赤ちゃんが大きいため自然分娩は無理かもしれないと言われ、少しショックでしたが、先生がそう言うということは、赤ちゃんと私の安全で危険が最も少ないお産の方法なんだとすぐ納得できました。
 その後帝王切開に対する痛み等の不安も、助産師さんへ相談し、気になることをすべてクリアにして手術に臨めました。
手術はとてもスムーズに進み、泣き声を聞けた時は感動しました。近くまで赤ちゃんを連れてきてくれて触れさせてくださってありがとうございました。帝王切開ではそういった事は無理だと思っていたので(夫の立会も)させていただけてとてもうれしかったです。
 術後のサポートも全スタッフとても丁寧にしてくださり、痛みも思っていた以上に軽く、楽で回復も早かったです。入院中は至れり尽くせりで、やりたいこと、気になることは全て出来、解決しました。
食事はおいしく毎回楽しみだったし、お部屋もいつもキレイにしてくださるし、お洗濯も丁寧にしてくださり、身の回りのことさえも快適でした。
素敵な経験ばかりで書ききれません。出産をこんなにも素晴らしい経験にしてくださった皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
N・M/A

850114

2020年8月18日(火) 37w0d 7:35 2,910g 男の子 初産

結婚して5年目、かわいい我が子に会えました。
”いつか妊娠して、ナカムラクリニックに通って、出産したい”と神戸に越して来てからずっと夢見ていました。ニトリに行く時に前を通る度、主人に「赤ちゃんできたらここに通うからよろしくね」と毎回アピールしていました。
5回目の結婚記念日にナカムラクリニックで妊娠がわかりました。初めてエコーで見た我が子はお米より小さく、それでもチカチカと一生懸命心臓を動かしていたのをよく覚えています。健診が楽しみで子どものように「あと○日!」と心待ちにしていました。大きなトラブルもなく、すくすくと成長してくれ、私も元気いっぱい、楽しいマタニティライフを送れました。
産休に入り、9ヶ月終わりの健診で「子宮口だいぶ柔らかいなー。これ早かったらお盆に生まれるよ」と先生の言葉。”患者様からのおたより”を熟読していた私は先生の言葉は当たると知っていたので、「これは!?まずい!」と。ギリギリ早産というのも少し引っかかりましたが、そこは先生の「問題ない」の一言で安心。しかし、お盆の次の週、火・水・木で主人の出張が入っていたのです。(9月8日が予定日だったので2人でのほほんとしている時期でした)出張の前日の健診(36w6d)で子宮口2cm。促進剤で今日産むかと選択肢を出して下さったのですが、大人の都合でたった1日とは言え、早産にしてしまうのは・・・とその日は帰ることに。(メリット、デメリット、リスク等時間をかけて丁寧に説明して下さいました。)帰ってからお腹に「明日とその次の日はパパがいないからお腹でゆっくりしていてねー」と声を掛け、早めに就寝しました。・・・が、なーんかお腹が痛い。けど前駆陣痛かなーと、寝て、痛みで起きてを繰り返しうとうと。あー明け方寝て昼起きたらいいかーと思いつつ、陣痛の間隔をなんとなく計ってみると3分。でもなーと。3分なのに生理痛より痛くないし、明け方だから電話してもなーと。
しかし、何度計っても2~3分。一応と思い電話してみると少し様子を見ようと優しい口調の助産師さん。その30分後に電話をもらい、まだ2~3分ということを伝えると、念のため内診しましょうと。
”痛みはまだ我慢できるし、こんな時間にすみません”と思いながらナカムラクリニックに到着。内診してもらうとなんと7cm子宮口が開いていました。まさか陣痛とは思っていなかったので驚きと、もう前駆陣痛だと思っていた嫌な痛みとさよならできるという安心感でなんとも言えない気持ちに。
そこからすぐに全開になり、病院到着から1時間程で元気な男の子が生まれました。あの時「一度診てみましょう」と助産師さんから電話をもらってなかったら家で生まれてたかもと、ゾッとします。
そして分娩台に乗るまであっとう魔で「先生、凄く痛いわけでもないし、いきみたいわけでもないので赤ちゃん出て来ないかも」というなんともまぬけな私の発言に、「大丈夫!絶対出るでー!やってみよう!」と励まして下さり、「そう!そっちにいきむ!負けるな!いきめー!」とコーチのような熱い声掛けをして出産させて下さった中村先生には感謝しきれません。本当に人生で一番幸せな時間でした。パパが出張に出発する前に合わせて、出てきてくれた赤ちゃんもありがとう。
長くなってしまいすみません。
5年分の思い(想い)と、憧れていたこのノートに記入できている嬉しさ、そしてたくさんの人に支えてもらい出来た幸せなお産の興奮で長文になってしまいました。
先生をはじめ、院内の全てのスタッフの方に心からお礼申し上げます。
M・Y
P.S. 一つ心残りなのは、マラソンがご趣味という先生からの「今子宮口が○cmだからマラソンでいう30km!」という言葉が聞けなかったこと。
大阪マラソンのコース図を印刷して持参していたのですが・・・。次はギリギリでなく、もう少し早めに来ます(笑)

(退院前日)
助産師さん、看護師さん、調理スタッフの皆さん、清掃スタッフの皆さん、そして中村先生。
本当にお世話になりました。幸せな6日間でした。また2人目を授かることを夢見ながら、まずは長男の育児を楽しもうと思います。10年に1度(!?)の3人同時刻のお産、なんだかテンション上がりました。「8月18日生まれ3兄弟」の同窓会をしようと今から盛り上がっています♡

2020.8.11 15:14 2,325g 45.5cm 女の子 37w2d

2018年4月17日15:19 2,770g 47.4cmで長男をこちらで出産した時から、2人目ができたらまたこちらでお世話になりたいと思っていました。
今回は長男のことばかり心配でお腹の子も居ごこちが悪かっただろうと本当に申し訳なく思う日々でした。ナカムラさんんい行ってエコーをみせていただくたび、あぁ元気で良かったと思えました。
出産の6日前に行った検診で「産道が短いから手術までもつかなぁ、大人しく過ごしてね」と先生に言われ反省しました。手術ではこつばんに頭がはまっていたのでギリギリやったねーということでした。
小さいのに急がせてしまい罪悪感がありましたが、すぐにミルクをたくさんのみ、退院までにおっぱいもたくさんのんでくれ、たくましい子で安心しました。
特別室を希望していましたが、帝王切開で初日からではないことを知らずご相談させていただくと先生のご配慮でVIProomにして下さりとても快適に過ごさせていただけました。本当にありがとうございます。そんな中上の子がさっそくとても不安定でご迷惑おかけしました。助産師さんが優しく声をかけて下さったり心配して下さったり本当にありがたかったです。
食事は本当に毎回楽しみでした。家族の細かい要望も聞いて下さり助かりました。
お洗濯もパンパンだったので本当にクリーニングにだしたような仕上がりで・・・どうやってあんなフワフワになるのか教えて欲しいです。
2人目の産後の体はとてもガタガタですが、みなさんのサポートのおかげで本当にゆっくり過ごせました。兄妹ともに本当にお世話になりました。ありがとうございました。
M・T/M

illust800_thumb

2020年8月7日 2,850g 女児出産

中村先生、助産師さん始め中村クリニックのスタッフの皆様、大変おせわになりました。
ありがとうございました。

1人目の妊娠が判った際から義姉もおせわになった中村クリニックで出産させて頂こうと思い10ヶ月10日お世話になりました。
初めての妊娠で体調の変化など戸惑うことも多くありましたが、いつも的確な言葉を掛けて下さるお陰で、必要以上に不安を抱くこともなく過ごせていたと思います。
妊娠中期には一度、前置胎盤との診断を受けましたが、幸いにも胎盤の位置がズレ、普通分娩でいけるよ!!と言って頂けた時は、安堵感から涙が止まりませんでした。
又、出産前に開催されていた両親学級では、先生の貴院に対する想いや一人一人の命に真摯に向き合われている姿を垣間見ることが出来、中村先生にお願いしていたら大丈夫。この先生に子供をとりあげてもらいたい・・・という想いが心の底から尊敬の念と共に湧いてきました。

先生はじめ助産師さんの手厚いサポートのお陰で初めてのお産も無事に乗り越えることが出来ました。
2人目を授かった時は迷わず、また中村先生にお世話になりたい。と思い今回もこちらで出産させて頂きました。
2度めの妊娠ということ、又、経過も順調でしたが、コロナ禍での妊娠生活は精神的にしんどく感じる時も多々あり、どうか出産までは・・無事に生まれてきて・・・と祈る日々でした。
そんな中でも、中村先生やスタッフの皆様はできる限り、前回私が体験した妊娠・出産の時と変わらぬサポートをしようとして下さる姿勢を感じ、中村先生の心意気に感謝しました。
予定日より20日も早く、予想外のタイミングでの出産にはなりましたが無事、元気に産まれてきてくれました。
中村先生はじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
中村先生、そして貴クリニックでお世話になることができて本当によかったです。感謝!!
I・H

2012_07_18

2020年8月6日(木) 5:51 第3子 2,845g 女の子

 2年ぶりの出産となりました。第2子で初めてこちらの産院でお世話になり、あまりにも入院生活が快適すぎて、第3子ということがあれば絶対こちらで!!との願い!?が叶いました。元々、夫は子どもが2人でいいとの考えだったので、第2子を育てていくうちに、私の中で”やっぱり3人欲しい!”と気持ちが大きくなり何度か話し合いをした末の第3子妊娠でした。けれど、私の年齢のこともあるので1年で妊娠できなければ、諦めようと思っていました。上の2人が男の子ということもあり”できれば女の子がいいな”と第2子の時から思っていたので、できる限りのことをやってみようと思いました。別の産院でタイミング指導をしていただき、夫婦でも産み分け方法(よくネット等書かれているもの等)で運良く約3ヶ月で妊娠することができたことは奇跡だと思いました!第1子と第2子は4歳離れているので、そんな簡単にいかないと思っていたので・・・本当に嬉しかったです。

けれど、妊娠初期の頃に度々出血があったので不安でした。こちらでの検診で中村先生より「もしかしたら、あかんかもしれないなぁ」と言われた時にショックではあったのですが、すぐに「あっ大丈夫!ちゃんと心拍あるよ」と「よかった!」と言っていただき本当に安心しました。その後の検診では順調で「赤ちゃん順調で元気ですよ」としっかり中村先生が言ってくださるので安心していました。けれど、私が悪いのですが今度は上の子を自転車に乗せていた時、(8ヶ月終わり)サドルにおもいきり子宮をぶつけてしまいました。かなり痛かったのですが、大丈夫だろうと様子を見ていたところ、座ったり立ったりの時にものすごく痛い感じがあり、お風呂で気付いたらお腹下子宮上にものすごく黒い感じの内出血があったので、とてもビックリしました。
その後すぐ検診に行ったところ、子宮頚管が通常約3.5cmのところが約2.8cmになっているとのことで、切迫早産気味で予防の薬をいただきました。できる限り動かないようにしようと思っていましたが、中村先生より「普通に歩いたりでも安静にしてもらわなくても大丈夫」とのことでした。私は”絶対予定日より早めに産まれそう”と思いました。

上の2人も誕生日が近いので、できるだけ予定日の8/20より約1週間位早いといいなと思っていました。8/3の検診で、中村先生より「2人目の時は38週2日で産まれているから、多分同じ位になるだろうね。今週末~来週までには産まれると思うよ」とのことでした。私としては、今週は嫌だなと思っていたので、外出しないように8/4の買い物、2人の迎えをして最後として家にいようと思っていました。
けれど、8/4の夜より少しお腹が痛いなと感じて8/5(出産前日)は定期的な生理痛?のような痛みがあり、”これって前駆陣痛なのかな?”となんとなく感じました。上の2人は破水からきたので、陣痛からこないような気がしていました。
段々痛みが8/6(出産当日)は違ってきて、急いで陣痛アプリで計ってみました。
10~15分間隔になったと思ったら、間があって・・・とバラつきがあったのですが、すごい痛みがあった時に朝方4時頃、夫を起こして産院へ電話をしました。
3人目なので、早いかもしれないとのことで、急いで入院準備の持ち物や子ども達の着替え等用意して登録していたママサポートタクシーを呼んで家族で産院へ向かいしました。助産師の方に診ていただいたら、既に子宮口が6cmとのこと!「痛くなかったですか?!」と痛かったですが、そんなに開いているとは思いませんでした・・・。

陣痛室では夫が2人の子を見ていた為、1人で陣痛に耐えながら(笑)時々助産師の方も来てくださったのですが間隔があくので、きたら声がでませんでした(泣)
子宮口が8mになったところで分娩台へ。思ったよりも早かったので、”えっもう?!”また、2回位陣痛がきたタイミングでいきむことになりあまりに早い展開についていけなかったです。
中村先生が分娩室へ入られてから「よし、次の陣痛が来たらいきんで」と言われましたが、うまくいきめませんでした。子宮口全開であまりの痛さに早く出てきてほしいと思いながら必死でいきみながら結局4~5回で出てきてくれました。
出産自体はスムーズで、もう一番痛いピークは終わっただろうと安心していました・・・。
赤ちゃんが元気に泣いてくれてほっとして、中村先生も「赤ちゃん、元気ですよ」
けれど、なぜか中村先生がおもいきりお腹を押してこられて胎盤を出そうとしてくださっていましたが、私もすぐに出てくるものだと思っていたら状況が変わってきました。
「まずいな癒着胎盤かもしれない」と言われました。「できる限り手で取り出せるといいけど、出せなかった場合は救急車で別の病院へ行ってもらうことになります」ということでした。私もそれだけは絶対嫌だと思い中村先生が必死で胎盤を出そうとしてくださっているタイミングでまた必死でいきみました。中村先生が赤ちゃんのお世話をしてくださってた助産師さんの方に「赤ちゃん元気やったらもういいから、今はお母さんが大事やから」と言われ、そんな大変なことなのかよくわかっていませんでした。そうしたら、「あー出た出た。よかった。多分全部出たと思うけど、念の為エコーで確認するね」と確認していただいたら、「キレイに全部出ました。よかった」ということで私も安心しました。
その後で中村先生より「癒着胎盤で非常にまれなケースで、1人目の時はないけど、3~4人目にあるケースで無理に取ろうとすると大量出血になりかねないので慎重にしないといけないから」と丁寧に説明していただき「でも本当によかった」とおっしゃっり、私もその説明を聞いて本当に出産て同じものはないんだと無事に出産することができて心から中村先生に感謝しています。
こちらで出産することができて頼もしい中村先生がいてくださって心強く安心して入院生活を送ることができました。胎盤が出なかったら・・・と思うと怖すぎるのですが、最善を尽くして下さる中村先生にはずっと産婦人科医としていていただきたく、いつお休みになられるのか大変なお仕事だと思いますが、くれぐれも体調にはお気をつけていただきたいです。
4人目はもうないので、最後の入院生活は寂しいですが本当にナカムラクリニックさんが家の近くにあってラッキーです。1人目の時からこちらだとよかったと、それでも2人目、3人目でお世話になりましてとても幸せな入院生活を送ることができました。

長々となりましたが・・・中村先生、助産師の方々、調理スタッフの方々、清掃のスタッフの方々、受付の方々、丁寧で心地良い入院生活を送ることができまして、心より感謝いたします。ありがとうございました!婦人科で今度はお世話になりたいと思います。まだ産後の検診がありますのでその時はよろしくお願いいたします。
2020年8月10日(月)退院 S

hanabi

これより以前のお便りはこちらから